なんで電話の着信に3から始まる電話番号が出てくるのか

自分の家では固定電話でも誰が電話してくるかを把握するためにナンバーディスプレイを契約している。それだと月額420円ほどするのだが、契約することで不安を解消することができるようになる。ナンバーディスプレイを契約することで知り合いなどだと前もって対応がスムーズになるし、身に覚えのない番号だと電話が鳴っても受け取ることなくスルーすることが可能になる。実際に身に覚えのない0120とか090なんかだとスルーしている。ただこれすると例えば配送屋さんや契約している保険屋さんの営業さんが在宅確認したりしても居留守されるので困ってるらしい。さてそれはともかく今日になってまったく奇怪な電話番号の着信があった。それは31から始まる番号だった。たいていの電話番号というのは0から始まるのだが、3から始まるのは今回が初めてだった。当然身に覚えのない番号なのでスルーをしていたら、留守番電話になった。この場合相手が警戒していたら用件を言うことなく切るのだが、今回の31の場合だとそのまま音声テープが作動して太陽光発電のなんとかとか言い出してまるで質問が始まった。答えが複数選択されていて、この場合だと1を押せとか2を押せとか言い出したと思ったらそのまま切れた。着信履歴が残ってるので、後でそれを着信拒否の設定にしようと思う。さて問題の31なんとかの太陽光発電の正体が何者なのかを把握しておかねばならない。検索して出てきたのは31303102205という番号で、それは営業系の電話で相手に警戒せよと書いている。いろんな口コミが書かれていて他に311、312、313とかなど複数の番号があるらしい。口コミによると31で始まるのはオランダの国際電話だという。そして肝心の社名が不明で、真の発信先を偽装するためにこんな番号になってるとか。さらに東京電力のホームページにも注意しろと書いているらしい。どっちにしろ怪しいのでスルーして電話に出ることなく着信拒否設定したほうがいいのは言うまでもない。しかしそれにしてもこの番号でかけてきた迷惑業者は馬鹿だなと思う。というのは普通は0で始まるのに3でかけてきたからみんなが警戒するのは言うまでもないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です