色の心理学を利用して婚カツしましょ。ハッピーを掴み取れ!

恋愛において色の印象、服装はとても重要です。

実際に私自身も婚カツ、恋活をしていてふと気付いた事があります。

私は女性なのですが、服装や小物の好んでいる色でその人の性格がわかるのです。

これは心理学でも証明されています。

カラーセラピーなども有名ですね。

黒を好むという人の心理は本心を隠したいという意味合いがあります。

浮気はやましい事ですが、それを隠したいというあらわれでもあるようで、黒い服や黒い小物を好んで持っている人はほぼ間違いなく浮気心がある人です。

良い意味合いとしては自分の意見をしっかり持っているという意味合いなのですが、その分、悪いことをしても反省しなさそうな頑固さも兼ね備えているということになりますね。

私は全体的に淡い色を好んでいるのですが、以前まで人の服装の色にまでは気をつけたり、考えたりすることはありませんでした。

しかし、心理学の本などでも紹介されていて、それを読んだきっかけに注目をするようになりました。

すると私が思い返す限り黒い服を好んで着ている男性も女性も、異性にだらしなかった事が発覚したのです。

以前出会ったある男性は、初めての印象は良かったのですが、実は浮気性であまり良くない噂を耳にしたりしました。

また、結婚している女性でも黒いレースが好きで、服装は真っ黒な人がいました。

まるで魔女のような出で立ち。

本人は「魔性の女」気取りのようでしたが、どうみても娼婦のようでした。

その女性は不倫をしていました。

私の友人でしたが、不倫は良くないよとそれとなく諭したのですが考えを改めず、私は友人としてのお付き合いが出来なくなり、距離を置きました。

色の心理学はとても信憑性があります。

ちなみに、ベージュやピンクは女性らしく、男性にも高評価らしいのでオススメです。

恋活、婚カツをしている人の参考になれば良いと思います。

色の心理学を利用してモテモテ女性になり、ハッピーオーラを身に纏いましょう。

実践してみる価値はありそうですよ。

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です